未分類

弁護士と弁護団の違い

弁護士B型肝炎訴訟には弁護士が欠かせませんが、弁護士と弁護団のどちらに依頼することも出来ます。弁護団とは同じ志を持つ弁護士たちが集まった団体のことです。この両者にはどういった違いがあるのでしょうか。どちらに依頼をしても、集団予防接種によってB型肝炎感染の証明が出来れば給付金を受け取ることが出来ます。B型肝炎訴訟に関する証明をするには書類を集めることが大切ですが、弁護士も弁護団も集めることはかのうです。そのため、両者に最も大きい違いは費用と言えるでしょう。

弁護士の場合は和解金の6%~12%が費用となっています。そして、弁護団の場合は和解金の約15%が費用となっており、そのほかに弁護団活動費が和解金の約1%、原告団活動費が和解金の約1%となっているのです。そのため、弁護士よりも弁護団の方が費用がかかると言えるでしょう。

B型肝炎訴訟において最大の給付金は3600万円となっていますが、弁護団活動費と原告団活動費が1%ずつかかるとすると、72万円になるのです。さらに、弁護士費用も2.5倍の差になってしまいます。そのため、少しでも弁護士費用を節約したいのであれば、弁護士事務所に依頼した方が良いでしょう。

参考ページ⇒B型肝炎給付金

未分類

書類集めがポイント

カルテB型肝炎訴訟を起こすためには弁護士に仕事を依頼しますが、どのようにして弁護士を選んだら良いのでしょうか。こういった訴訟は国を相手にして裁判を行いますので、何よりも大切になるのは証拠書類を集めることです。この証拠書類によって裁判の結果はほぼ決まるため、証拠書類の収集能力が非常に重要と言えるでしょう。B型肝炎訴訟には医療記録やカルテなどの証拠書類が必要になりますが、どれも簡単に集められるものではありません。場合によっては難航することも多いのです。

しかし、いくら書類集めが難航したとしても、代替書類によって訴訟を進めることは可能です。もちろん、必要になる代替書類は人によって異なりますので、そこで弁護士の能力が問われます。つまり、裁判の準備が簡単な方もいれば、準備が難しい方がいるのです。

また、B型肝炎訴訟は証明出来る書類が揃っていれば確実に勝てる訴訟です。そのため、B型肝炎訴訟に力を入れる弁護士は増加しています。過払い金返還請求を行う弁護士が増加していますが、今後はB型肝炎訴訟に参入する弁護士が増加すると考えられるでしょう。しかし、弁護士によっては書類の収集に時間がかかることから、B型肝炎訴訟を断るケースも少なくありません。最後に弁護士と弁護団の違いについて説明します。

未分類

給付金は弁護士に依頼

集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染してしまった方がいますが、こういった方に対して国は給付金制度を設けています。しかし、B型肝炎感染者の誰もが給付金を得られるものではありません。給付金を得るには弁護士に依頼をしてB型肝炎訴訟を起こす必要があるのです。

母子手帳個人でB型肝炎訴訟を起こすには証明をするために書類を集める必要がありますが、一般の方ではそれが非常に困難です。そのため、弁護士に仕事を依頼しますが、弁護士にはそれ以外にも役目があるのです。B型肝炎訴訟を起こすために書類を集めるだけでなく、専門的な書類を作る必要もあります。そのためには集団予防接種を受けた証明である母子手帳、医療記録などが欠かせませんが、そういった専門的な知識は分かりづらいものです。しかし、弁護士のサポートがあればそういった部分へのサポートもしてもらえます。

そして、B型肝炎訴訟は裁判を行いますので、決められた日時に裁判へ出席する必要があります。しかし、こういった裁判は平日の日中に行われますので、仕事を休む必要があるのです。もちろん、有給休暇などが使えれば良いのですが、誰もが使えるわけではありません。しかし、弁護士に依頼をすることで裁判所へ代理出席してもらえるのです。

そのため、B型肝炎訴訟には弁護士の協力が欠かせませんが、どのようにして弁護士を選んで良いのか分からないもの。そこで、こちらでは弁護士を選ぶ際のポイントを集めましたので参考にしてください。