未分類

弁護士と弁護団の違い

弁護士B型肝炎訴訟には弁護士が欠かせませんが、弁護士と弁護団のどちらに依頼することも出来ます。弁護団とは同じ志を持つ弁護士たちが集まった団体のことです。この両者にはどういった違いがあるのでしょうか。どちらに依頼をしても、集団予防接種によってB型肝炎感染の証明が出来れば給付金を受け取ることが出来ます。B型肝炎訴訟に関する証明をするには書類を集めることが大切ですが、弁護士も弁護団も集めることはかのうです。そのため、両者に最も大きい違いは費用と言えるでしょう。

弁護士の場合は和解金の6%~12%が費用となっています。そして、弁護団の場合は和解金の約15%が費用となっており、そのほかに弁護団活動費が和解金の約1%、原告団活動費が和解金の約1%となっているのです。そのため、弁護士よりも弁護団の方が費用がかかると言えるでしょう。

B型肝炎訴訟において最大の給付金は3600万円となっていますが、弁護団活動費と原告団活動費が1%ずつかかるとすると、72万円になるのです。さらに、弁護士費用も2.5倍の差になってしまいます。そのため、少しでも弁護士費用を節約したいのであれば、弁護士事務所に依頼した方が良いでしょう。

参考ページ⇒B型肝炎給付金